実は、私が励まされてる。

おはようございます。久しぶりのブログ更新です。

前回から色々なことがありすぎて、なかなか更新できませんでした。

30日の講座が終わって、急に大阪の実家に行くことになり、5日ほど滞在していました。

あまり楽しい話ではないので内容は割愛

その滞在中に歯が浮いて痛くて、疲れてるのかな、ぐらいに思っていたのですが、いよいよおかしな痛みになりましたので、月曜日にかかりつけの豊橋の歯医者さんに行きました。すると急性なんちゃらとか言われまして(痛くて聞き返す元気がない...)麻酔をがんがん打たれて、、、、、あとはご想像にお任せします。

ボルタレンを処方され服用していますが顔の右半分がジーンとして自分の顔ではない感じ。明日また行くことになってます。

以上、ここまではしんどい話でした。朝から疲れる話でごめんなさい。

 

 

閑話休題 

 

 

27日の豊川音羽文化ホールでの2級認定講座

30日の岡崎竜美丘会館での2級認定講座 共に無事に終了致しました。

受講生の皆様お疲れ様でございました。(間が抜けたタイミングになってしまってごめんなさい)

 

ご家族に内緒で受講されていた方がいらっしゃいました。

お申込みの時は、結婚して出産して子育てして、何かを勉強したり講座を受けるのは初めてなので、と。とても緊張されていらっしゃいました。

 

講座終了後

「片付が私の悩みの90%を占めているんです。

でも講座で方法を学んで、これなら出来ると思ったし、

今まで私は片付けが苦手だと思っていたけど、

受講して、片付かない理由がわかって、

苦手な訳でもないのかもしれない、と気づきました。頑張ってみます。」

と話して下さいました。

 

 

そして、その日の内にメールを頂きました。

とても素敵なメッセージです。許可を頂きましたのでご紹介します。

 

 

鈴木先生

今日は2級認定講座ありがとうございました

帰ってから家族に話したら、すごい!ってすごくみんな喜んでくれました
これからみんな協力して、まずは整理→整頓収納して行こうと団結しました
٩(ˊᗜˋ*)و

 

お母さんの話を、すごいって喜んでくれて、一致団結出来る家族って、

 とてつもなく素晴らしいと思います。

 

 

今日思い切って一歩踏み出して良かったです
そして鈴木先生に出会えて良かったです
大げさと、言われるかもしれませんが、私にとっては人生が変わる一歩と記念日になりそうです

 

うんうん、勇気を出して良かったですね。

大げさなんて思いません。人生が変わるはじめの一歩だと思います。

 

 

5月30日…グループ名もゴミゼロでしたし(笑)
不安でしたが、先生をはじめ、みなさん良い方ばかりで良かったです

 

いつかお家が綺麗になったら、写メ送らせてもらいたいです
少しずつ、無理なく楽しんで行きたいです

 

無理なく楽しむ、肝心ですよね。眉間にしわ寄せてイライラしながら片付けても誰も幸せじゃないですもんね。(←かつての私です💦)今のお家も写真に撮っておかれるといですよ。スタート地点にはもう戻らないので、参考までに残しておいて下さいね。

 


長々とごめんなさい
(。>ㅅ<。)

先生も、あちこち講座で大変ですが、お身体に気をつけてください
先生の笑顔とても素敵でした

 

お気遣いの言葉をありがとうございます。

嬉しいです。

 

 

 

 

 

不得意な事をわざわざ学びに行こうって、とても勇気が必要なことだと思います。

はじめの一歩、なかなか踏み出せないですよね。

私も苦手な事は目を閉じてしまったりします。(←経理的なこと、その他諸々)

 

私にも苦手はあるけど、整理収納の方法はしっかりお伝えできますので、

そのことで悩んでる方はぜひ、こちらに一歩踏み出してみて欲しいです。

全力でお悩み解消を手伝います!

 

鈴木の講座受けたけど、やっぱり苦手だ、作業に来てもらいたい、という方はご相談ください。講義だけはなく、作業で全力で解消いたします。

 

 

 

 

 

整理収納の仕事をしていて、受講生の方々や、仕事つながりの方々から頂く言葉やメッセージが私を前に押し出してくれています。

実は、私が一番励まされているんです。ありがとうございます。

「あかん、私もう無理!」っていっぱいいっぱいの時に回復力を頂いて

もう少し頑張ってみようかなって気持にさせてもらえます。

頑張りどころは人それぞれと思いますが、納得の人生を手に入れたいですよね。

 

 

 

受講生の方々の感想はこちらにも掲載しています。

(掲載許可を頂いた感想のみ掲載しています)

皆さん、少しの間だけ、ちょっとだけ頑張ってみましょう。

皆さんの整理収納が楽しい時間でありますように!

 

 

 

それでは、読者の皆様

素敵な春をお過ごしください。